ASPROVAメンテナンス用スケジューラ

エフエイオープン

ASPROVAメンテナンス用スケジューラ

ASPROVAメンテナンス用スケジューラ

HOME > ASPROVAメンテナンス用スケジューラ
spacer

ASPROVAメンテナンス用スケジューラ ツール
ASPROVA概要

生産スケジューラのASPROVAが現場メンテナンスツールとしても活躍しています。
メンテナンス計画立案(Plan)、作業実施(Do)、確認(Check)もスムース。
業界NO,1の導入実績とグローバルなサポート体制で海外進出も万全です。


ASPROVAの特徴

ASPROVAのスケジューラーは、小規模な現場から大規模な現場、
海外(多国語対応)を含めた分散現場も管理できます。

@長期スケジューリングによる【年度経営計画】

Asprova LS / Asprova MRP / Asprova KPI
販売計画や需要予測を入力し、FCR(又はMRP)によりKPIを試算、長期要員計画・長期設備負荷計画・長期購買計画・長期売上利益計画を出力します。

A中期スケジューリングにより【生産準備(3ヶ月程度)】

Asprova LS / Asprova MRP
顧客からの内示オーダを入力し、FCR(又はMRP)により、3ヶ月売上・利益計画、設備負荷計画、要員計画、製造・生産計画、購買内示、外注内示、長納期品購買指示を出力します。

B短期スケジューリングによる【作業指示】

Asprova MS(生産スケジューラー)
製造オーダを入力し、FCSにより、現場への作業指示(生産計画)、外注指示、短納期品購買指示を出力します。

C中期・短期計画の連動による【内示・確定の調整】

Asprova APS
中期の生産計画により生産準備を行い、確定オーダを入力してスケジュールし、内示と確定のずれを調整しながら、現場への作業指示(生産計画)を出力します。

D製造BOM構築による【生産情報標準化】

Asprova BOM
もし、製造の基準情報が未整備なら、まずは製造BOMの整備が必要です。生産情報の標準化により品質を向上させます。

Eネットワーク化による【生産情報共有化】

Asprova NLS / Asprova DS
ネットワーク上のどのPCからも使用可能、データを共有、グローバルな生産情報共有化を実現します。

ASPROVAの動作環境

Asprovaの動作環境(Windows)は、
・Windows Vista (Ver.5以降対応)
・Windows XP
・Windows 2000
・Windows Server 2003です。

CPUは、Pentium4以上、メモリは、1GB以上。 メモリーの必要量は、データ量によります。

ASPROVAの導入事例

asprova

 

会社概要

事業内容:半導体/電子機器等の製造

システム導入のポイント

■高速スケジューリング採用
・多品種生産における生産計画/生産指示/納期予測精度の向上
・長期設備負荷状況の把握
・納期遵守率向上 設備稼働率向上

■実績収集連携
・無線LAN、メモリーカードを利用したロット入力により、生産計画サーバより
半導体製造装置に対する処理条件番号を自動的に装置へ通知する
・人の介入を極力減らし、半自動化することによって作業ミスを撲滅する

システム導入の効果

■生産リードタイム短縮
■納期遵守率向上、設備稼働率向上
■仕掛在庫削減
■3ヶ月分完成予定ロットに対するシミュレーションが可能 

その他1200社以上の国内外実績あり

価格表
商品名 価格
ASPROVA スケジューラ
お見積もり対応

納品期間: 要ご相談 お支払方法: 銀行へのお振込み

デジタルノートパットTN-A401、TN-A501に関するお問合せ

ASPROVAメンテナンス用スケジューラ