『ユーザが自らの手で道具を制作するCGE時代到来』

エフエイオープン

『ユーザが自らの手で道具を制作するCGE時代到来』

『ユーザが自らの手で道具を制作するCGE時代到来』

HOME > 『ユーザが自らの手で道具を制作するCGE時代到来』
spacer
環境への取り組みを加味した「リチウムイオン二次電池の活用」
計装 2009年1月号
リモート環境監視のためのセンサネットワークの活用
月刊誌「計装」
「現場の見える化」と
組み込みデータベース
オートメレビュー紙
「表示器の動向」タッチパネル表示器 誕生から20年を迎えて
オートメレビュー紙
課題解決 『設備投資、運用面においてTCOの削減』
オートメレビュー紙
無線LANを利用した『アナログデータ見える化』自動システム
オートメレビュー紙 4月18日掲載
制御・計装機器と組み込みデータベース
オートメレビュー紙
『ユーザが自らの手で道具を制作するCGE時代到来』
-コンシューマ・ジェネレーテッド・エンベデット-
Linux 情報端末 Algo Smart Panel にオラクル組み込みデータベース「Oracle Berkeley DB」登載
オートメレビュー紙 「組み込み DB」
「 Service on Network情報化時代のHMI機器と組み込みDB」
月刊誌「計装」8月号:
「工程管理にみるRFID応用遠隔情報管理の進め方と運用課題」
オートメレビュー紙
「日本の制御業界を救うインドのIT技術」−ウイプロ・リミテッド−
オートメレビュー紙
製造業の最新技術情報管理システム −情報セキュリティ管理のあり方−
オートメレビュー紙
「半導体製造装置における制御機器と情報管理」
オートメレビュー紙
「世界に拡がる企業の社会的責任とサプライア事業への影響」
オートメレビュー紙
実験から実用へ、
動き出したRFID31兆円市場
無線センサーネットワークによる「見える化工場」の実現

『ユーザが自らの手で道具を制作するCGE時代到来』
spacer
【世界をリードする日本の『組み込み技術』エンベデッドシステムとは】

最近『組み込み』関連の商品が増加し展示会も盛況ある。ビジネスとして改めて「組み込み」の定義を考えた時、意外と身近なところに回答があることに気付く。日本文化そのものが歴史的にも環境的にも、組み込みビジネスを育てる土壌にある。国土が狭く、資源に乏しい条件下で、先人たちの限られた空間に、限られたリソースを最大限有効に活用する知恵が、現在「職人の巧みの業」として伝統的に引き継がれている。「巧みの技」と「組み込み技術」にはある種の共通点が有る。

【1.身近な組み込み技術】

(1)「組み込み商品」のニーズ
量産される汎用機、標準的に生産される専用機などの商品と違い、「組み込み商品」は、ユーザが必要とする用途に、より最適化した「機能」を持たせた利用側に立った商品である。現在の市場状況は『商品が売れる時代』から、ユーザが求める『機能を売る時代』へマーケットは変化した。メーカとしては多様化するユーザのニーズに対し、迅速に対応する商品開発技術が必要である。その対応策として「組み込み」技術を駆使して商品を供給する体制作りが急務である。

(2)何故日本は「組み込み技術」が得意なのか
日本人にとって国土の環境はともかく、仕事人としての「やりがい」が組み込み技術には有る。 世界の生産技術の規模には、大型システム構築技術から部品組み立て作業技術まで各種ある。生産現場の製造作業工程で必要な装置や機器類には、ユーティリティ・システム・コンポーネンツとしての機能が存在し、そこには組み込み技術が必要となる。組み込み機器の多くが、5千個から5万個の部品点数やアルゴリズムから成り立っている。日本人が最も仕事に「やりがい」を感じ、思考的に得意な分野である。
米国人は100万個の部品からなるシステムやアルゴリズム構築が得意である。(マイクロプロセッサの開発、ジャンボジェト機の開発、NASAの宇宙開発など)。
日本人は5千個から5万個の部品のシステム構築が得意である。(自動車、工作機械、半導体製造装置など)。 アジアの発展途上国は50個から3千個の部品のシステム構築に仕事の「やりがい」を感じる。 (TV、パソコン、各種ハーネスの組み立てなど)。

(3)日本の組み込み技術の傑作
日本には世界をリード組み込み技術商品の傑作が数多くある。その体表的な産業機械分野では部品点数2万個から3万個からなる@自動車、A半導体製造装置、Bロボットがある。

@ 自動車
最近の自動車には100個以上のマイクロプロセッサが登載され、エンジン制御、車体バランス制御、ナビゲーションなどに使われている。その代表的な製品がハイブリッド車で、省エネルギー対策、環境対策面でも理想的で最先端技術の組み込みである。日本の自動産業は生産量、機能、品質面で米国GM社を抜いて、もはや世界一になるのも時間の問題といわれている。

A 半導体製造装置
半導体業界では1980年前半、一つの課題があった。品質の安定と製品の歩留まりの向上である。米国半導体デバイスメーカのほとんどが、前工程(ウェーハ上で回路形成)を米国内で行い、後工程(パッケージまで)を東南アジアの比較的人件費の安い国へ運び、検査組み立てを行っていた。そのため商品の品質にはばらつきが有った。その問題に気が付いた日本メーカでは、ウェーハをXYステージ上に載せ移動させ、検査装置のプローブをカード形式にした自動化システムを考案し商品化した。これが世界の誇る「ウェーハプロービンググマシン」である。単純作業を高速自動化しただけではなく、品質面、時間当りの処理量も安定した装置となった。それ以降日本の半導体装置メーカが、米国企業に追いつくまでに数年しかかからなかった。

B ロボット
二足歩行ロボットの進化は、世界の注目の的である。ホンダ技研工業(株)が開発した「ASIMO」、ソニーマーケッティング(株)の「AIBO」に代表されるロボットを見ると、技術の仕事を生きがえとしている多くの日本人に夢と希望を与えてくれる。子供の頃夏休みに夢中になって制作したプラモデルなどから、人間のように自由に歩行するロボットの誕生など想像も付かなかった。初期のロボットの役割は人間に代わって、組み立て、溶接作業の代行が代表的なアプリケーションだった。これからのロボットの役割は介護用、癒し役など感性を取り入れた機能を充実していき、今後は人類の最高のパートナーとなっていくであろう。

【2.各種アプリケーション】

身の回りにあるほとんどの機械には、何らかの組み込みシステムが搭載されているといっても過言ではない。洗濯機、炊飯器、テレビ、ビデオ、デジタルカメラ、プリンタ、コピー機、携帯電話、自動車、自動販売機、券売機など、複写機、複合機・、人工衛星、FA機器、エアコン、半導体製造装置、医療機器、カーナビ、車載機器、工業制御/FA機器/産業機器、コンピュータ周辺機器、AV機器、通信端末機器、通信設備機器など



【3.組み込みに必要な技術とは】

組み込みに必要な技術は@コンピュータシステム技術、A制御システム技術、BメカニカルI/F技術が三要素となる。目的によっての違いはあるが、リソースの最適な組み合せを選択するところからスタートする。
コンピュータシステムを制御するためのOSは「組み込みOS」という。汎用パソコンなどのコンピュータシステムとは異なり、要求される機能や性能が極めて限定され、厳しいコスト上の制限から利用可能なリソースに強い制約があるのが特長。安価なCPUと少ないメモリ、プログラムを内蔵するROMという構成が多い。世界の組み込み用CPUとしては英国ARM社のチップが約50%使用されている。日本では(株)ルネサステクノロジ社SHシリーズが車載用を中心に多く使用されている。OSではITORON、WindowsCE、Linuxなどが一般的に普及している。応答時間が一定の範囲内にあることを保証する高いリアルタイム性や、少ないメモリで動作するコンパクトさが求められる。最近では機器に組み込みデータベースを持たせるた携帯電話、カーナビなどのアプリケーションが増えてきている。今後組み込みデータベースとしては、オラクル社のDB、「Berkeley」、ユビキタス社の「DeviceSQL」などが中心となる。データベースのフットプリントは、20KBから500KB、の商品が最も普及の対象になっている。



【3.組み込み関連業界の流れ】

組み込み系業界の潮流に新たな変化が出ている。主流は組み込み製品をより簡単に、安価で大量に構築 する各種ソフトウェア・モジュールの出現である。過って情報端末機器、特にOSに依存するコントローラ、表示器、計測器などの商品は、カーネルに熟思したSIerの市場であった。その市場に対し新たに多数の大手企業が参入し、あまりにも早い技術の変化、大量の情報処理、ユビキタスの普及などの課題に対応する「ソフトウェア・モジュール組み合せ」時代へと市場を変化 させる。従来HMI機器の大半は専用機であり、汎用機とは業態を分けて存在していた。情報端末市場も専用機、汎用機の二極化商品から、オープンな汎用機にオリジナリティを持たせた、「オリジナル組み込み汎用機」の出現で市場は三極化していく。クライアントや一般SIerは、システム構築に必要なモジュールを組み合わせる事で、目的の機器が簡単に出来上る時代がきた。これが『コンシューマ・ジェネレーテッド・エンベデット』CGEの始まりである。メーカはお客様のご要求に応える各種インフラに「組み込み用モジュール」を登載し、汎用機からお客様の好みの専用機を制作するする時代は、我々日本人が情報を共有し、知恵を出し合い、次の時代へ「巧みの業」を継承する最も重要な仕事である。

【執筆】藤平 實(ふじひらみのる)
株式会社エフエイオープン 代表取締役社長
〒150−0013 東京都渋谷区恵比寿1−19−19
恵比寿 ビジネスタワー13F
【お問合せ】お問合せはこちら
【資料協力】株式会社サンブリッジソリューションズ
【参考資料】
本田技研工業株式会社「ASIMO」
ソニーマーケッティング株式会社「AIBO」
トヨタ自動車株式会社「プリウス」
株式会社ユビキタス「DeviceSQL」
株式会社東京精密「ウェーハプロ-ビングマシン」

『ユーザが自らの手で道具を制作するCGE時代到来』